道漁協組合長会議/資源回復・増大柱になどを決議

2018年6月15日

クリックで画像を大きく表示します

「資源回復は漁業再生の基本」とあいさつする川崎会長

 北海道漁協系統の2018年度の運動方針を決める第56回北海道漁協組合長会議が14日、札幌・第2水産ビルで開かれ、「持続可能な北海道漁業の成長産業化」をスローガンに掲げ、最重要課題である①「資源の回復と増大」を柱として②漁業の成長産業化に向けた漁業経営安定対策③地球規模の自然環境変化などに対応する漁業環境保全対策-の3項目を決議した。[....]