道と道漁連がシンガポールで水産物フェア

2017年11月28日

シンガポールのスーパーを視察する幡宮水産林務部長
クリックで画像を大きく表示します

シンガポールのスーパーを視察する幡宮水産林務部長

 北海道と北海道漁連は21日、シンガポールの高級住宅街・ホランド・ビレッジにある富裕層向けスーパー「テイスト シンガポール」を訪問し、来年1月から2月末にかけて同店で初の「道産水産物販売促進フェア」を開催することで合意した。

 道からは幡宮輝雄水産林務部長、道漁連からは鳥毛康成販売第二部次長、関連会社・ノースコープぎょれんの石坂英文営業部長らが参加。同店の責任者ジェラルド・クエック氏と面会し、道産水産物の販売促進の取り組み強化を要請した。

 同店はシンガポール国内で加工業や小売店・レストランを展開する大手企業「ファー オーシャン」が経営する店舗。今年3月から道漁連と連携し、道産水産物の特設コーナーを常設。ホタテの玉冷、秋サケの切身・フレーク・フライ製品、花咲ガニ、コマイなどを販売。好調な売れ行きをみせているという。[....]