近大産の養殖魚を使った贅沢なお茶漬け販売、アーマリン近大

2020年2月4日

クリックで画像を大きく表示します

「切身まるごと 近大おさかな茶漬け」

 近畿大学のベンチャー企業㈱アーマリン近大(本社・和歌山県白浜町)は5日から、ホームページで、近畿大学水産研究所が生産したマダイ、シマアジ、クエの養殖魚3種類を使用した「切身まるごと 近大おさかな茶漬け」の販売を開始する。

 同商品は、解凍した袋の具を温かいご飯に乗せ熱い湯をかければ、大きな魚の切身が入った贅沢な茶漬けを家庭でも簡単に楽しむことができる。

 一箱当たりにマダイ茶漬け2袋、シマアジ茶漬け2袋、クエ茶漬け1袋の合計5袋が入っている(冷凍商品)。[....]