農林水産業M&A19年上半期は2年連続増の最多4件

2019年9月10日

 農林水産業の2019年上期(1~6月)の企業の合併・買収(M&A)件数は、08年以降の12年間で13年と並び最も多い4件となったことが分かった。水産関連の案件は3件を占めた。M&A仲介大手の㈱ストライクが6日までに集計した。件数、金額ともに2年連続の増加となっており、食料自給率の低下や農水産品の輸出拡大などの状況の中、今後も農林水産関連のM&Aは増えそうだ。[....]