貿易速報(魚介類輸入7月)/エビ・サケなど減少続く

2016年8月19日

 魚介類(非食用水産物を除く)の輸入は引き続き大幅に減少し、円高傾向を追い風にできない事態に陥っている。特に主力商材の冷凍エビの落ち込みが顕著だったほか、サケ・マスなども減少したとみられる。
 7月の輸入実績は16万592㌧、1164億1900万円で、昨年同月と比べて数量が6・1%減少

「平成28年7月の魚介類輸入(貿易統計、速報)」本紙参照