豊洲開場日から環状2号線が部分開通

2018年10月9日

部分開通する環状第2号線の豊洲~晴海間約1キロ
クリックで画像を大きく表示します

部分開通する環状第2号線の豊洲~晴海間約1キロ

 東京・豊洲市場の開場直後の大きな不安要素だった周辺道路の混雑緩和に向け、都道「環状第2号線」が開場日の11日から豊洲~晴海間で部分開通することになった。水産仲卸売場棟のある6街区北東に位置する豊洲大橋門からの出場のみの一方通行で、市場関係車両の搬出に限る。時間は午前7時から午後6時まで。
 豊洲市場開場後の物流の大動脈となることが確実な環状2号のうち、都心へ向かう築地方面への道路は、一部が築地市場跡地を通ることから6日の築地閉場後の最終工事着手となるため、暫定開通が最速で11月中旬となっていた。
 ただ、暫定開通までは6街区北東の豊洲大橋門は全く使用できなくなるため、出入り口が一つに絞られる6街区の車両の混雑が避けられないとして、豊洲移転を予定している市場関係者らは環状第2号線道路で道路がすでに完成している豊洲~晴海~勝どき間の部分開通を強く要望していた。[....]