豊洲結論はリオ五輪後「総合的に判断」、小池知事が視察

2016年8月18日

クリックで画像を大きく表示します

6街区の水産仲卸売場内で飯田一哉新市場警備部長㊨から説明を受ける小池知事

 東京都の小池百合子知事は16日、東京・築地市場と豊洲市場の両市場を視察、移転事業の現状を確かめた。視察後小池知事は11月7日とする豊洲開場の日程などの結論は、リオ五輪出張(18~24日)からの帰国後に速やかに出すとの方針を示し、「都民、国民の皆さまの納得と安心を最優先に、総合的判断で決める」と表明した。小池知事は「これだけお金(約5800億円)をかけてすべきことが残っているのは(都の)ヒアリング不足だったのではと思っている。チェックしていきたい」。[....]