豊洲移転の先に⑰/伊藤裕康・卸協会長、考え直す時期

2019年8月21日

クリックで画像を大きく表示します

「取り組みたのは豊洲市場からの情報発信の強化」と語る伊藤会長

 移転から半年を前にした2019年3月からスタートした連載「移転の先にあるもの」は17回目となる。最終回は、一般社団法人豊洲市場協会会長を兼務する、伊藤裕康東京都水産物卸売業者協会(卸協会)会長。現在の豊洲市場をどうみるのか。7月17日にインタビューした。

◆伊藤会長/ちょうどひと区切りという感じだ。来場も物珍しさから来ていた方々が一巡。場内の取扱量も6月に大きく落ち込んで、これをどうみたらいいかということを含めて、さまざま考え直す時期にきているように思っている。[....]