豊洲延期の市場業者補償90億円台、都が補正予算で調整

2017年1月30日

 東京・築地市場から豊洲市場への移転延期をめぐり、都が移転延期に伴う市場業者への補償金の総額を90億円台半ばとする方向で調整していることが26日、分かった。4月以降の支払開始を目指し、必要額を計上した平成29年度補正予算案を編成する方針だ。補償対象を豊洲市場で使用する設備の購入代など、移転延期を直接の原因とする損失に絞る考え。2月定例議会に提出する方針。[....]