豊洲市場開場2週間、「築地化」で賑わい戻るも新課題 

2018年10月24日

 東京・豊洲市場の開場から間もなく2週間。開場直後に問題になった出入りの渋滞はほぼ鎮静化し、水産卸売場や水産仲卸店舗の温度や湿度設定も改善が図られた。市場関係者が〝現場力〟と呼ぶ対応能力の高さで急速に「築地市場」化して、表面上は移転前と同じ賑わいを取り戻した。ただ、次代を担う豊洲市場になるにはもう少し時間が必要なようだ。[....]