豊洲地下水再調査現地入り、専門家会議3月中29か所

2017年1月31日

クリックで画像を大きく表示します

再調査のため現地入りした平田健正座長ら委員=30日、豊洲市場5街区で)

 東京・豊洲市場で、土壌汚染対策法に基づき行っていた2年間の地下水モニタリングの最終回(9回目)の結果が前回(8回目)と一変し、多数の環境基準値超えが発覚した問題で、豊洲市場における土壌汚染対策などに関する専門家会議は30日から調査地点201か所のうち数値の変動の激しかったポイントを含む29地点で地下水モニタリングの再調査に入った。期間は3月上旬まで。[....]