豊洲シラス干/(8月)盆良品不足が深刻、11月急減も安値続く

2019年12月4日

東京・豊洲市場のシラス干販売は直近の8~10月の3か月間、夏場の端境期らしい減少もなく、秋漁の期間中は一定量の入荷が続いた。11月に入ると前年の半減以下の水準に転じたものの、良品の不足から相場は依然として安値の水準に甘んじている。

「東京・豊洲市場のシラス干販売数量(8~10月)の過去3年の推移」本紙参照[....]