豊洲コウナゴ干/東北不発で再び低迷、香川でつなぐも終了迫る

2019年4月18日

 豊洲市場の4月のコウナゴ干入荷が、前年の主力を形成していた東北筋の大不振で再び記録的低迷にあえいでいる。宮城県では主漁場となるはずの仙台湾に魚群が見えず、福島県でも解禁前の試験引きで採捕が確認されない。唯一、香川県からの入荷でつないでいるが体長が伸びきって終漁が近く、近年最低水準で終わる可能性が出てきた。

「東京・築地(旧築地)市場の4月1~17日のコウナゴ干販売数量累計」本紙参照[....]