豊洲「千客万来」は五輪後着工、都が暫定で賑わい創出

2018年6月4日

 市場移転に関する関係局長会議が5月31日に開かれ、万葉倶楽部㈱から公募時の工事着工時期から遅らせ「東京五輪・パラリンピック後速やかに着手する」との新たな回答があったことが報告された。2020大会までは都が活用し、大会後に提案の通り施設整備に着手する方向が固まった。小池百合子知事は「大会中は豊洲からの食の発信地としての役目を担わせたい」と思いを述べた[....]