荷受扱い/(仙台)18年は拡大基調一服、金額7年ぶり減少

2019年1月18日

 仙台市がまとめた仙台市中央卸売市場水産物部の2018年1~12月取扱高は、卸2社の合計で数量は7万7595トンで前年比4・9%減、金額は772億300万円で4・4%減、平均単価はキロ995円で0・5%(5円)高となった。数量は6年連続のマイナス、金額は7年ぶりに前年実績を割り込んだ。

「仙台市場の取扱い(2018年12月)」「仙台市場の取扱い(2018年1~12月)」本紙参照[....]