船凍アカイカ夏期操業/7年ぶり3000トン突破

2016年8月19日

 船凍アカイカ夏期操業は、今月上旬までに八戸で全船の水揚げが終了した。好漁に恵まれ、合計生産量は7年ぶりに3000トン台を突破、単価もスルメイカの不漁などを背景に堅調推移し、平均で前年を5割上回った。
 今期の夏期操業には昨年を3隻上回る27隻の中型イカ釣り船が参加した。5月に出漁し、6~7月に北太平洋沖で操業。順次帰港し、7月14日から8月9日にかけて八戸で水揚げして販売を行った。[....]