築地・干コウナゴ/厳しい漁況予報

2016年2月25日

 27年2~5月の築地の干コウナゴの入荷量は846トンにとどまった。前年比では77%にすぎず、築地入荷の主力である愛知産、三重産が極度に振るわなかった。宮城産などで巻き返すも及ばず、供給不足から平均単価はキロ1000円を大きく上回った。低調入荷は21年に次ぐもの[….]

「東京・築地市場における2~5月の干コウナゴ上場量(平成20年以降)」本誌参照