第三者販売緩和を働き掛け、農水省が食農審で方針説明

2017年12月19日

 食料・農業・農村政策審議会食料産業部会(部会長・伊藤雅俊味の素㈱会長)が15日、農林水産省で開かれ、卸売市場を中心とした食品流通構造改革の大枠の説明を受けた。宮浦浩司同省食品流通課長は改革で生産者が享受する具体的な恩恵を「第三者販売の原則禁止を一律ルールから外したこと」と述べ、市場ごとのルール設定で緩和に動くよう働き掛けていくと説明した。[....]