秋田沿岸で季節ハタハタ漁本格化、定置網冬至まで勝負

2017年12月18日

 秋田県沿岸では12月中旬に入り、季節ハタハタ漁が最盛期を迎えている。主要産地の一つ男鹿市船川港では、8日から14日までに約31㌧を水揚げした。今期は接岸の遅れや悪天候で出漁日が限られていただけに、漁獲する定置網漁業者らは「冬至(22日)までが勝負。ここからなるべく粘りたい」と意気込んでいる。[....]