秋サケ情報/生筋子店頭から消える、キロ5000円台の異常事態

2016年10月13日

 北海道の秋サケ漁は11日現在の累計漁獲量は北海道漁連の集計が昨年同期比72%と、ようやく7割を超えた。期待をかけたいところだが、原料確保争いが続いており、函館管内ではメスBがとうとうキロ1300円を付けた。生筋子も末期的。食品スーパーでは、一腹1700~1800円から大きさによっては2000円を超える。生筋子そのものが店頭から姿を消した大手もある。[….]

「北海道の秋サケ水揚げ日報(10月11日)」本紙参照