秋サケ情報/岩手尾数で97%に迫る、12月下旬も好調

2017年1月11日

 岩手県の秋サケ漁は追い込みに入っているが、沿岸漁獲量は累計で尾数が前年同期の97%、重量も93%に迫った。シーズン前の予想通り後半の来遊が上向いた。岩手県農林水産部の集計によると、12月下旬(21~31日)の沿岸漁獲量は、一帯で15万1180尾、474トン。前年の同期と比較して、尾数で273%、重量で256%と、いずれも2倍半の大幅な伸びを示した。[….]

「岩手県の秋サケ漁獲情報(2016年12月31日現在)」本紙参照