秋サケ情報/岩手は年明けなお好調、尾数で98%に迫る

2017年1月25日

 岩手県の秋サケ漁は、暮れからの好転が年明けも続いている。ボリュームこそ落ちてきたものの、前年の同じ時期を大きく上回っており、尾数での累計漁獲量は昨年の98%にまで達している。1月中旬(11~20日)の沿岸漁獲量は2万1697尾、89トンで、前年の同じ時期に比べて尾数は2・7倍、重量は2・4倍。昨年12月中旬から好転した来遊が年明け後も続いている。[….]

「岩手県の秋サケ漁獲情報(1月20日現在)」本紙参照