秋サケ情報/北海道最終6万トン内外か、東北3県1~2割減

2018年11月21日

 北海道の秋サケ漁は大詰めを迎えているが、次第に漁を切り上げる浜が目立ち始める一方、12月中・下旬まで漁期を残している道南方面では比較的まとまった漁が続いており、今のペースを維持できれば、業界集計による全道の漁獲量はおよそ6万トンに達しそうだ。一方、東北では局所的な盛り上がりがある一方で全体としてはやはり振るわず、11月上旬で前年同期の9割方にとどまっている。

「北海道の秋サケ水揚げ日報(11月19日)」「東北3県の秋サケ旬別沿岸漁獲推移(11月上旬)」本紙参照[....]