福島沿岸試験操業の漁獲拡大へ具体策を、県漁連が要請

2017年6月30日

 2013年6月に3魚種から始まり、現在では商業上、重要な魚種をほとんどカバーする97魚種まで拡大している福島県沿岸の試験操業について、JF福島漁連の野﨑哲会長は21日、漁獲量を拡大させる具体的な方策を検討するよう、県下の各地区の試験操業検討委員会に求めた。漁法別、魚種別に漁獲量増大に向けての課題を洗い出し、地区の試験操業検討委員会が計画を策定する。[....]