福島沖のヒラメとアナゴ出荷制限を解除、「常磐物」復権へ

2016年6月13日

 政府の原子力災害対策本部は9日、福島県沖で漁獲されたヒラメとマアナゴに出していた原子力災害対策特別措置法に基づく出荷制限の解除を指示した。東日本大震災前(平成22年)の同県のヒラメの漁獲金額は3位で沿岸漁業の重要魚種。秋口には「常磐物」のヒラメとマアナゴが、試験操業の対象に加わると期待。[....]