正社員募集中

福井のブランド越前ガニ「極」始動、日本海ズワイガニ漁解禁

2015年11月10日

仲買人の判定を待つ越前ガニ「極」予備軍

 福井県坂井市の三国漁港では、地元の底びき網船12隻のうち10隻が水揚げを行った。はさみに黄色タグが付いたオスガニの「越前ガニ」は2200尾。

 うち、新たに基準を設けた「極」に7尾が指定され、販売された。

 「極」は、ボイル後の重量が1・3キロ、甲幅が14・5センチ以上、爪幅が3・0センチ以上の越前カニにのみ与えられる称号。年間500尾程度が相当する希少品。

 水揚げに立ち会った県の関係者は、「県、漁業者、県漁連で協議して基準を決めた。13?14齢のカニが中心になるが、大きさだけでなく、身の詰まり方や甲羅の固さなどを仲買人が見極めて、最終的には決めていく」と解説。質も伴った越前ガニ「極」の厳格な選定方法を強調[....]