産学官でサクラマス陸上養殖、マルハなど実証施設稼働

2017年9月28日

陸上養殖施設で実証試験が始まったサクラマス

陸上養殖施設で実証試験が始まったサクラマス

 マルハニチロが総合バルブメーカーの㈱キッツ、石油大手のJXTGエネルギー㈱、水産研究・教育機構、山形県農林水産部、香川高専の産学官共同で研究を進めてきた「サクラマス陸上養殖」の実証設備が山形・遊佐町に完成し、26日から稼働を開始した。

 450平方メートルの試験場建屋内に大型水槽2基、小型水槽10基を設置した。

 農業・食品産業技術総合研究機構生研支援センターから委託を受け、「革新的技術を集約した次世代型閉鎖循環式陸上養殖システムの開発と日本固有種サクラマス類の最高級ブランドの創出」を目指す共同試験研究を今年2月1日から開始している。マルハニチロが研究代表機関として全体を総括して陸上養殖事業化推進を図り、キッツは養殖システムの実証、JXTGエネルギーは新規餌料開発を行う。水産機構と山形県農林水産部は養殖環境最適化を、香川高専は環境保全の研究課題を受け持つ。

 研究では、養殖実証設備を中心に「革新的陸上養殖システムによるサクラマス類の養殖実証」「ゼロエミッション型陸上養殖の実証」など行うことで、養殖魚の国際認証を取得し、最高級品質のサクラマス類の国際ブランド化を図り、輸出型養殖ビジネスモデル構築を目指す。[....]