正社員募集中

生鮮サケ・マス輸入(空輸1月)/アトラン持ち直す、北欧フィレーとも安定

2019年3月6日

 財務省の通関統計によると、1月の空輸サケ・マスは、全魚種を合わせて2782トン、34億6182万円で、前年の同じ月と比べて数量は4・7%増加し、金額も5・3%増えた。ノルウェー産アトランティックが前月に引き続いて持ち直し全体で2か月連続のプラスとなった。

「生鮮サケ・マスの輸入(空輸早見表)」「生鮮サケフィレーの月別輸入推移」「生鮮(空輸)アトランテイックサーモンの主要国別輸入推移」本紙参照[....]