現場と研究マッチング、㈱SoltがFOIP立ち上げ

2019年8月7日

クリックで画像を大きく表示します

「シーフードショー」でFOIPセミナーを開催する予定のSaltの山口社長

 ㈱Salt(本社・東京都渋谷区、山口太朗社長)は、大学の研究や企業の商品開発と漁業者を結び付け、業界の課題解決を目指す「漁業オープンイノベーションプロジェクト(FOIP)」をこのほど立ち上げた。

 FOIPは同社が運営する漁業関係者だけが参加可能なフェイスブックの「漁師コミュニティ」を利用する漁業者を中心に、漁業に携わる企業や研究機関をマッチングする場を提供する事業。高齢化や若手漁業者の不足、IT化の遅れといった漁業が抱える課題は一企業では解決できない問題だが、組織を越えた取り組みが発生しにくい業界である点に着目し、漁業者同士の協調や、大学の研究、企業の新商品を現場に生かすことなどを目指す。

 参加した企業・団体はFOIPのホームページに自社情報を載せて宣伝することができる。また共同研究や大規模な提携の提案も可能。研究に欠かせない漁業者の情報や声も「漁師コミュニティ」から得られるなど、さまざまなメリットがある。[....]