玉冷・ボイルをプロント凍結、道水がホタテ加工参入

2018年9月12日

水産加工大手、道水(函館市、髙野元宏社長)はホタテの玉冷、ボイルの生産事業を新たに始める。既存原魚イカの原料環境が厳しい中、新たな商品カテゴリーとして成長させたい考えだ。札幌市中央卸売市場で4日に行われた商品展示会で、サンプルを披露した。[....]