漁船員確保や捕鯨代船など8政策、全日海ら申し入れ

2017年1月26日

 全日本海員組合(全日海、森田保己組合長)は23日、農林水産省に礒崎陽輔副大臣を訪ね、全国海友婦人会(酒井智代子会長)と連名で水産政策に関する申し入れを行った。昨年11月の第77回定期全国大会で決議された水産部門の内容をまとめた要望で、日本人漁船員の確保育成や捕鯨対策ほか8項目。説明を受けた礒崎副大臣は「認識は共有している。一緒にやっていきましょう」と語った。[....]