漁船リース希望3105隻・960億円、全漁連まとめ

2016年8月3日

 JF全漁連は、国の浜の担い手漁船リース緊急事業で事業実施を希望する漁業者の向こう3か年の需要調査を行った。その結果、希望隻数は3105隻、事業規模960億円、国庫補助480億円となった。平成28年度単年度の希望隻数は809隻、事業規模は276億円、国庫補助は137億円で、28年度予算は事業規模140億円、国庫補助70億円では大幅に不足する。[....]