漁船リースに漁業者大きな期待、6道県の取り組み

2016年8月3日

 「漁業者の意識が変わりつつある。潮目が変わった。すべての漁業者が勝ち組に」。JF全漁連の岸宏会長は、現状をこの言葉で説明する。燃油高騰対策などセーフティーネットの構築と、強い水産業づくり交付金などで漁業の構造改革が進みつつある。漁船リース事業に取り組む北海道と、青森、宮城、千葉、兵庫、長崎各県の取り組みを取材した。[....]