海洋資源環境学部の開設祝う、東京海洋大で記念式典

2017年4月25日

海資源環境学部開設記念式典であいさつする竹内学長

海資源環境学部開設記念式典であいさつする竹内学長

 東京海洋大学(竹内俊郎学長)は21日、4月に新設した海洋資源環境学部の開設記念式典を東京・港区の同大学品川キャンパスで行った。新学部は海洋環境科学科と海洋資源エネルギー学科の2科を設置。大気や海洋、海底に関する基礎科学を学んだうえで、それぞれ環境科学と海底資源・再生可能エネルギー利用などに関する知識を学ぶ。新学部設置に伴い、同大学は海洋生命科学部、海洋資源環境学部、海洋工学部の3学部で人材育成を行う。

 式典で竹内学長は「2003年に東京商船大学と東京水産大学が統合し海洋系大学として教育を行ってきた。海洋は世界でも注目されている分野。生物や鉱物資源、再生エネルギーをいかに活用していくかが共通の課題になっている。新学部は6年間一貫教育を行うことができ、出口を見つめた教育を行う。3学部体制で海洋の諸問題を解決していきたい」とあいさつした。[....]