正社員募集中

浜の活力再生広域プラン[7]/三重県魚類養殖機能再編広域プラン

2016年6月1日

 三重県の魚類養殖業は昭和50年代はブリ、平成に入りマダイ養殖を中心に地域の基幹産業として発展してきた。しかし平成4年には1万トン以上の生産量があったマダイは26年には4600トン。JF三重漁連、熊野灘沿岸の地区漁協などが参加する県魚類養殖広域水産業再生委員会は、133の魚類養殖経営体を対象として広域プランを策定・推進している。[....]