水経セミナー・集いのご案内

水経セミナー・集いのご案内

2019年2月7日

水産ビッグデータの可能性と課題~スマート水産業とeモニタリング~

「水産政策推進の集い」も同時開催

水産経済新聞社では2月27日(水)午後3時から、東京・霞が関の霞山会館(霞が関コモンゲート西館37階)で、毎年恒例の「水経セミナー」および「水産政策推進の集い」を開催します。

今回のセミナーテーマは、「水産ビッグデータの可能性と課題」。モノのインターネット(IoT)や情報通信技術(ICT)を活用した生活や産業のスマート化が急速に進む中で、水産業のスマート化の基礎となる漁獲データなど水産・海洋データ活用にテーマを絞り、農業の取り組み、そして世界の動向も見据えながら、水産ビッグデータの可能性を探ります。

つきましては、水経セミナーおよび水産政策推進の集いへ、ふるってのご参加をお待ちしております。

多くの方のご参加をお待ちしております。

セミナー概要(講演)

「WAGRIにみる農業のビッグデータ活用」

秋田県立大学教授・慶応大学大学院特任教授
上原宏氏

「水産庁が描くスマート水産業」

水産庁漁場資源課長
髙瀨美和子氏

「海外で動き出したeモニタリング」

㈱シーフードレガシー副社長
村上春二氏

セミナー概要(パネルディスカッション)

「水産ビッグデータの可能性と課題」(仮)

<パネリスト>
長谷川岳氏(参院議員)
上原宏氏(秋田県立大学・慶応大学大学院教授)
髙瀨美和子氏(水産庁漁場資源課長)
宮原正典氏(水産研究・教育機構理事長)
村上春二氏(㈱シーフードレガシー副社長)
<ファシリテーター>
山下東子氏(大東文化大学教授)

詳細

日時
2019年2月27日(水)
午後3時30分~
会場
霞山会館(千代田区霞が関3-2-1 霞が関コモンゲート西館37階)
参加費用
2万円/人(税込み)※集いのみ参加も同額になります。
定員
40人
お申し込み方法
セミナー参加希望をメール(kikaku@suikeinet.jp)もしくは電話 03-3404-6531 でご連絡ください。申込用紙をお送りします。
申込締切日
2019年2月20日(水)