水産物空輸(6月)/ウナギや本マグロ好調、金額近年で最多700億円

2018年8月10日

 財務省が発表した1~6月の輸入通関統計のうち、航空貨物(空輸=エアカーゴ)による水産物の輸入は、ウナギ類や太平洋クロマグロなどの増加を背景に、金額で前年同期を大幅に上回った。引き続き中国主体の活ウナギがまとまったほか、メキシコ産の太平洋クロマグロが3倍以上の好調を維持、アトランティックサーモンや筋子などの鮭卵類、キハダ・メバチ、ウニ類などの減少を補完した。

「水産物の空輸実績(6月)」本紙参照生鮮[....]