水産物空輸(2月)/シラス減少響き金額4割減、サケは微増。

2019年4月3日

 財務省が発表した2月の輸入通関統計のうち、航空貨物(エアカーゴ)として持ち込まれた水産物は、数量が4618トンで前年同月を5・0%下回り2か月連続マイナス、金額は118億9311万円で36・7%減少した。シラスウナギの落ち込みによる影響が大きかった。

「水産物の空輸実績(2月)」本紙参照[....]