気仙沼近海はえ縄黒字発進、がんばる漁業中央協で報告

2017年6月16日

 漁業・養殖業復興支援事業の第26回中央協議会が14日、東京のTKP神田駅前ビジネスセンターで開催された。気仙沼船籍の近海マグロはえ縄船8隻による「気仙沼地域漁業復興プロジェクト(近海まぐろはえ縄Ⅱ)」は1年目に計画した水揚金額を上回ったため終了後から高船齢船の代船建造が始められるよう6社・8隻の統合は、「2017年度中に協業体の組織体制を確立する」と報告された。[....]