東京市場・塩蔵魚卵販売(6月)/イクラ高値続く、スケコは低調

2017年7月26日

 東京都中央卸売市場6月の塩蔵魚卵販売は、出回りが少ない鮭卵が全般的に高値を維持しているのに対し、スケコ・明太子やカズノコ類は高安まちまちとなった。1~6月上半期では各品とも平均単価が上昇し、販売数量を落とした。特に筋子とイクラの落ち込みが著しくなっている。[….]

「東京市場の魚卵販売動向」」本紙参照