最新鋭の7代目、道立水産高校実習船「若竹丸」が出航

2017年9月22日

全通2層型を採用した全国有数の大型実習船7代目「若竹丸 」(北海道教育庁提供)

全通2層型を採用した全国有数の大型実習船7代目「若竹丸 」(北海道教育庁提供)

 3月末に竣工した北海道立水産高等学校の実習船・若竹丸(692トン)は10月27日から初の長期航海となる小樽水産高校のハワイ沖でのマグロはえ縄実習に向けて出航する。7代目の新船は生徒や乗組員の安全、船内学習機能の充実と生活環境の改善を目指した最新鋭の大型実習船。水産業や海洋関連産業に貢献する人材育成が期待される。[....]