暮れの主要商材/値上がり商品どれも縮小

2018年1月15日

 暮れのイクラ製品は、新物価格が北海道産の塩がキロ1万1000~1万2000円、醤油9500~1万円、三陸醤油8000円台中心に大相場を維持したが、ユーザーは少しでも安い製品を求めて輸入物やマス子・ベニ子などの解凍物を優先。スーパー店頭価格は1万5000~1万6000円。
タラバガニは絶対量の不足で暮れの製品価格が軒並み上昇。“高嶺(ね)の花”に逆戻りした。[....]