日本水産の養殖⑥/ブリ、マグロ、ギンザケ400億円

2017年8月24日

 日本水産の養殖事業はブリ、マグロ、ギンザケと一つずつ魚種を増やし、昨年のグループにおける売上高は400億円に迫る。グループ会社を増やす手法を多用しており、6月には鹿児島県のカンパチ養殖会社を買収し、さつま水産㈱を設立。昨年6月には、種苗運搬するためのライブフィッシュキャリアー㈱の事業をスタートさせ高い歩留まりを可能にする。[....]