日本のサケ市場に期待、米PS社副社長ら関戸商事訪問

2017年1月17日

 北米屈指の水産会社パシフィック・シーフード(米オレゴン州)のマーク・ボウエン副社長とグスタボ・ロス氏が、同社が生産する淡水養殖トラウト買い付け販売を開始した関戸商事(愛知県岩倉市、関戸一雄社長)の東京営業所を訪れ、「日本の生鮮サケ市場は有望」などと期待をにじませた。[....]