料理家SHIORIさんが「はじめてのおせち」料理教室

2015年12月17日

出来上がったおせち料理を食べる参加者。中央がSHIORIさん。

 紀文食品は11日、東京・銀座の東京ガス㈱スタジオプラスジーギンザで、人気の料理家SHIORIさんによる「はじめてのおせち」料理教室を開いた。20代から30代の女性ブロガー15人が参加し、手軽に作れる伊達巻やお重詰めにチャレンジした。

 この料理教室は、日本の大切な文化である正月を後世に伝承することを目指す「お正月ニッポンプロジェクト」(事務局・紀文食品)の一環。20代から60代の既婚女性を対象にした調査でも、20代から30代の正月やおせちへの関心は高く、次世代に継承したい意識が強いとの結果も出ているという。

 料理教室では、SHIORIさんが「はんぺん伊達巻」「松風焼き」「関東風お雑煮」「お重詰め(銘々重)」の作り方を伝授。「カマボコを市松模様に並べる時は、赤色を右端になるように」「伊達巻は永遠の意味をもつ『の』の字が逆にならないように」「田作りは左頭に」「コンブの結び目は上に」などとアドバイスしながら、レシピを教えた[....]