改正流改法㊦/流通合理化方針一新、適正取引へ調査も

2018年4月16日

 「食品等の流通の合理化及び取引の適正化に関する法律」(食品等流通法)での変化は農林水産省の宮浦浩司食品流通課長に聞いた。宮浦課長「1本目の柱は、新たな需要を開拓し、付加価値をつくる「流通の合理化」。2本目の柱が「取引の適正化」。取引状況について定期的に調査し、必要な措置を講ずるとともに、不公正な取引方法があると思量する場合には、公正取引委員会に通知する。[....]