正社員募集中

操業自粛クロマグロ定置の5倍、難しい対応迫られる

2017年10月11日

 水産庁が6日発表した第3管理期間の小型クロマグロ(30キロ未満)の漁獲は20道府県で共同管理する定置網グループの枠が大幅に超過し、全国に「操業自粛」が要請された。今期の定置の漁獲は昨年10月までとの単純比較で約5倍に達している。来年6月の管理期間終了までには定置などでの混獲が見込まれる地域は多く、国際約束を守りながら国内どう管理するか難しい対応を迫られる。[....]