尾鷲の徳榮丸が遠洋カツオ一本釣りに23年ぶり新造船

2017年3月24日

 三重県尾鷲市の遠洋カツオ釣り漁業の徳榮丸(沖中拡樹社長)がこのほど、23年ぶりに遠洋カツオ一本釣り漁船・第17徳榮丸(499トン)を建造、3日に焼津漁港を出港、佐世保で餌を積み込み、ミクロネシア、マーシャルなど南方海域に向かった。4月中旬に焼津漁港に初水揚げが予定されている。[....]