小松正之著「日本人とくじら-歴史と文化」が刊行

2017年9月26日

 小松正之・東京財団上席研究員が書いた「日本人とくじら-歴史と文化」が雄山閣から発刊された。 捕鯨環境をはじめ、各地に残る捕鯨文化や関係者へのインタビューを通じて歴史などを振り返る。くじら探訪」では長崎・五島や長州(山口)、北海道などに残る捕鯨文化を紹介。「くじら食探訪」では老舗である新潟市の「元祖くじらや」と長崎市の「くらさき」を紹介している。[....]