密漁、7年連続2000件超 

2016年1月25日

 海上保安庁が20日に発表した「平成27年の海上犯罪取締りの状況」によると、漁業関係法令違反は2490件に達した。うち、日本人の密漁事犯は2448件で、21年から7年連続で2000件を超えている。一方、外国人漁業関係法令違反の検挙隻数は、3隻へと減少した。
 外国人漁業関係法令違反を除く無許可操業、区域・期間外操業の、いわゆる「密漁」は、前年の2436件から12件増加[....]